head_logo.png
tiare.png
tiare.png

t i a r e - ティアレ-は

JHD&C賛同サロンです。

「ヘアドネーション(髪の寄付)」

​が可能な美容室です。

×

head_logo.png

t i a r e - ティアレ-はJHD&C賛同サロンです。

「ヘアドネーション(髪の寄付)」​が可能な美容室です。

Japan Hair Donation & Charityは、一般の方に「ヘアドネーション(髪の寄付)」を募り、この髪の寄付と募金等によりフルオーダーのメディカル・ウィッグ『Onewig』(JIS規格取得)を製作し、18歳以下の子どもたちに完全無償で提供している国内唯一のNPO法人です。この仕組みを美容文化のなかのチャリティとして国内に定着させたのは私たちだと自負しております。

JHD&C(通称ジャーダック)は、脱毛症や乏毛症、小児ガンなどの治療や外傷等、何らかの事情で「頭髪に悩みを抱える子どもたち」に、ヘアドネーションによる献髪のみで作ったメディカル・ウィッグを無償提供することで「社会性の回復」をサポートし、子どもたちの未来を守ることを目的として設立されました。同時にこの仕組みは「ドナーの想い・善意」が、髪を通じて子どもたちへとつながっていく、Sustainability(持続可能性)の高い活動としても広く認知されています。

JHD&Cが育ててきた「ヘアドネーション」というカルチャーは、既存の慈善活動に対するイメージを変え、人々がボランティア活動に対してなんとなく抱いてきた「負のイメージ」を払拭すると共に、市民のボランティア参加へのハードルを引き下げた活動として、高く評価されています。

そのような人々の助け合いや、ボランティア精神に基づく成熟した社会とは、私たちが理想とする「必ずしもウィッグを必要としない社会」――病気や事故で髪をなくしても、クラスメイトから奇異な目で見られることなく、これまでどおりつきあえる、そんな仲間や友達がいる学校。ウィッグをつけなくても、ジロジロと見られない社会――なのです。

さまざまな髪形が個性として受け入れられているように、「髪がない」ことも個性として迎えられる、そんな多様性のある社会をめざして活動を続けていく所存です。

ヘアドネーションを行った有名人

 ご利用の流れ 

美容室を予約する

ご予約の際には必ず「ヘアドネーションカットをしたい」と伝えください。

TEL.0598-67-4493

1.

寄付する長さを決める

メディカル・ウィッグにする為には31cm必要です。仕上がりのヘアスタイルを考えながら決めてください。

2.

カットする

​細かい束に分けてゴムできつく結んだらいよいよカット!髪が乾いた状態でカットします。

3.

発送します

ドナーシートと返信用封筒(受領書が必要な方のみ)を用意して、髪の毛と一緒に郵送します。

4.